‘野球肘・テニス肘’ カテゴリーページ

【金沢】テニス肘かも?!こんな痛みありませんか?

テニス肘とは、手首に負担がかかる動作を行った時、肘の外側から前腕にかけて痛みが起こる症状のことを言います。正式には「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」という肘の病気です。 ラケットでボールを打つ動作を繰り返すテニスプレイヤーに多い症状であることから、通称「テニス肘」と呼ばれています。しかし実際にはスポーツ以外の仕事や日常の動作が原因で発症する場合も少なくありません。 症状が進行すると物が持てないほど、強い痛みを伴うため、日常生活にも大きな支障をきたすようになります。

肘痛(テニス肘・野球肘)

2020-05-19

肘の痛みで整形外科を受診すると、「テニス肘」と診断されることが多くあります。しかし、テニス肘の患者さんが、必ずしもテニスをしているとは限りません。思いもかけない病名を告げられて、戸惑う患者さんもいるでしょう。

テニス肘とはどのような病気なのか、どうしてテニス肘と呼ばれるのか?

そもそも、「テニス肘」とは?

いわゆるテニス肘は、正式な名前を「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」といいます。漢字からもわかるとおり、「上腕(腕のうち、肘より上の部分)」の「骨」の「外側」に炎症がおこっている状態を指します。もっと細かくいうと、痛んでいるのは、短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん:上腕の骨と指の骨とをつないでいる筋肉)が上腕の骨とつながっている部分(起始部:きしぶ)です。

手のひらを下に向けると痛みます

テニス肘にかかると、肘の外側が痛むようになります。特に、手のひらを下に向けて動かそうとすると、痛みが強くあらわれる傾向があります。そのため、ものをつかんで持ち上げる、ぞうきんを絞るといった動作が難しくなります。また、痛みは手を使っているときにあらわれ、何もしていないときには痛みのない場合が多いといわれています。

手首の使いすぎと加齢がポイント

テニス肘にかかる原因や、かかる仕組みについて、はっきりとはわかっていません。「手首の使いすぎ」と「加齢」が関係していると考えられています。

手首の負担が肘に溜まっています

テニス「肘」なのに、どうして、「手首」の使いすぎが問題になるのかと不思議に思われるかもしれません。しかし、腕の骨や筋肉は、指から、手首、前腕(ぜんわん:腕のうち、肘の手前までの部分)肘、上腕、肩と、すべて一つにつながっています。そのため、手首の使いすぎが肘に影響を及ぼすこともあるのです。特に、手首を甲側へ反らす動きは肘への負担が大きいと考えられています。手首を使った直後は問題なくても、気づかないうちに溜まっていった負担が、突然、もしくは、少しずつ肘の痛みとなってあらわれてくるのです。

加齢もきっかけの一つです

また、加齢もテニス肘にかかるきっかけの一つと考えられています。一般的に、人間の体の筋肉は、年齢を重ねるにつれて、柔軟さが失われ、硬くなっていきます。腕の筋肉も例外ではありません。筋肉が硬くなると、柔らかいときと比べて、同じ負担がかかっても、痛みなどがおこりやすくなります。手首を使う頻度や、強さは変わっていないのに、年齢が高くなるほど、テニス肘にかかりやすくなるのはそのためです。

 

一般的に病院やネットで調べると上記の内容を言われます。

はたして本当にそうなのか?肘に対しての治療だけでいいのか?

 

先日、当院に来院した患者さんの症例をご紹介します。

患者さんは60歳女性。パートで配送の仕事をしているとのことです。

半年前から肘に痛みが出てきたらしいです。荷物の運搬時に肘に痛みがあり、1週間前から肩にも痛みが発症し来院されました。問診、触診の結果、肘には問題がなく全身の血流が悪く肘と肩に痛みがあると評価しました。

施術後、肘と肩の痛みがなくなり違和感が感じられないとのことです。

1週間後に再来してもらい、痛みの具合を聞きましたが再発は無いらしいです。

施術は肘に対しては行わず、全身の血行を促すだけでした。

皆さんも肘や肩の痛みで通院しているが、なかなか治らないと言われる方は他に原因がある可能性があります。

心当りのある方は一度ご相談下さい。

テニス肘 改善‼

2019-11-27

彼女は部活動の練習で肘を痛めテニス肘と診断されました。

肘の外側に痛みがあるのがテニス肘で 内側に痛みが出るのが野球肘です。

まぁ、細かく発生機序や分類を分けると医学的には違いがあるのですが、私にしてみたらたいした問題ではありません。

痛みの原因がどこから来ているのか?

同じ痛み箇所でも 人によっては全然 原因が違うケースが多くみられます。

 

彼女の場合は 足首と肩甲骨に問題があり、原因がわかれば痛みは自然と改善されました。

スポーツで怪我をして、リハビリしている方の多くは痛い場所に電気を当てたり、マッサージされたりしていると思われますが、そんな治療をしていても 治療期間がかかるだけで治りません。

本当の痛みの原因を理解できる治療院を探して治療しましょう。

野球肘 改善‼

2019-11-26

30代男性。趣味で野球をしています。

肘と肩の痛みでボールを投げれなっかったそうです。

半年ほど別の治療院で治療をしていましたが改善がみられず、知人の紹介で「はぁーと接骨院」に来院されました。

肘は俗に言う野球肘。肩は四十肩でした。

もう遠投しても痛みはなくなり野球が出来るようになりました。

野球肘・テニス肘改善‼

2019-11-26

小学生の男の子。

ドッジボールが大好きでクラブチームにも入っています。

整形外科でも治療していましたが、 なかなか治らず プレーできませんでした。

今ではドッジボール大会にも出れるまでに改善しました。

野球肘・テニス肘

2018-08-30

「野球肘」の画像検索結果

スポーツ障害の代表的な肘のケガでもある上腕骨上顆炎。

上腕骨上顆の筋腱の付着部に炎症が発生し痛みがおこります。

一般的に肘の内側に痛みがあれば野球肘、肘の外側に痛みがあればテニス肘(ゴルフ肘)などと呼ばれます。

練習での過度な使い過ぎ(オーバーユース)で筋肉の付着部にストレスがかかり微小断裂を起こします。

何もスポーツの練習だけではなく、手をよく使う作業をする人や 重い物を持ち上げたりしても起こしやすいケガの一つです。

 

発症してすぐは整形外科に行き痛み止めの注射を打つと軽減します。

ですが、なかなか治らず痛みが再発するケースも多々見られます。

一般的な対処法としては、練習をセーブしたり エルボーバンドを巻き痛みを軽減させる。リハビリで電気治療をして 肘のストレッチをするなど。なかには鍼治療をする方もおられます。

それでも改善が見込まれず 痛みが何ヵ月も続く方もおられます。そんなケースはもはや肘を治療しても治りません。

 

「はぁーと接骨院」ではこう考えます。

それは、肘以外の箇所の筋膜の緊張から 肘への血流障害が起きていると考えられます。

確かに痛みの原因が肘の筋腱だけにあれば痛み止めの注射は効果的なのですが、原因が肘以外にもあるのなら痛みは再発します。

野球の投球やテニスのスイングは体幹、肩、腕を連動させ運動します。痛みはないけど疲労の蓄積をしている箇所があります。

よく原因となる箇所として肩周辺の組織、特に鎖骨~腋窩の筋膜の緊張で血流障害が見られます。

その箇所の緊張を緩めてあげると一度の施術で改善される方もおられます。

 

肘だけではありません。なかなか治らない痛みの箇所は その箇所以外に原因があります。

正確に原因箇所を見つけ出し、効果的な施術を施すことが改善への近道です。

 

痛みでお困りの方は「はぁーと接骨院」までご相談下さい。