脊柱管狭窄症の施術を比べて。

患者さんは70代。知人から紹介されて来院されました。

若いころから腰痛を抱えながらも、治療して緩和するが 再発を繰り返していたらしいです。

今年の2月、病院で脊柱管狭窄症の診断を受けて 病院で治療しているが改善はされなかったらしいです。

歩いていると腰痛が酷くなり、歩けなくなるほどの症状があっったそうです。

初回の施術の前後の写真です。

左が施術前。座位で背中から腰椎のスプリングテストをしてもしなりがなく、硬い棒状でした。

右が施術後。同じようにスプリングテストをしたところ、柔軟性がありました。

耳の位置の縦の赤ラインを見比べてみると、背筋が伸びているのがわかります。

初回の施術だけなので、他にも調整する箇所はまだあります。ですが、患者さん自身も身体が楽になったのを実感していました。

 

一般的に脊柱管狭窄症の治療は保存療法がメインです。保存療法が思わしくなければ手術となります。

これは自然治癒はしないと言っているのと同じです。

ですが、当院では自然治癒を目指して治療します。

この治療の結果はブログで報告をいたしますので、しばしお待ちください。

2018-12-27
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について