あなたの仙骨、ゆがんでませんか?

施術をおこなう中で重要視していることがあります。

それは患者さんの仙骨が正常に機能しているかをチェックします。

仙骨にゆがみがあると身体の不調が現れます。

 

仙骨とは、身体のちょうど真ん中・・・骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する骨です。

仙骨の 「 仙 」 の字は、仙人、仙薬、神仙、などと使われているように、不老不死や、不思議な力などを表す文字です。

フランス語では、sacreが、「仙骨の」、という意味です。この言葉は、ラテン語のsacrum 、「聖所」という言葉を語源に持ち、「神聖な」、「聖なる」という意味でよく使われる言葉です。

ドイツ語では、kreuzbein。beinが「骨」で、kreuzは、「交差点」、「キリストの架けられた十字架」という意味があります。

また、英語では、やはり、sacred boneやsacrum、と書くようです。

なぜ、このように仙骨が神聖視されたのかについて、福岡大学教授宮野成二氏編著の 『 造語方式による医学英和辞典 』 (広川書店刊)に次のように興味深い諸説が出ています。

  1. 仙骨は死後最後に腐敗する骨であり、復活の日には肉体は仙骨を中心に再構成されるという信仰に基づく。
  2. 仙骨は脊椎、頭骨など重要な骨を載せ、前方に腸、特に男女の生殖器などを支え、保護する、すなわち霊器を守る骨であり、あたかも神に供するが如くである。 昭和20年まで薦骨と書かれたのは神に供する、すなわち神に薦(すす)めるの意による。
  3. 実際に仙骨がいけにえの儀式に供されたという説。

昔から、仙骨の神秘的で重要な働きは知られていて、このような名に残っているものと思われます。

また、徳川幕府の御殿医として名高い、昔の鍼医者も、「究極的には、仙骨を治療しなければ、本当に人間を治療することはできない」と言ったそうです。
ただ、仙骨は、全身のキー・ポイントといってもいい働きをもっている精妙な器官ですから、既成概念を超えた高い理解力がなければ、触れてはならない禁断の領域だったのです。

仙骨は聖なる領域として、謎に包まれていたといっても いいのです。

『仙骨』の変位について

『仙骨』の変位について

赤ちゃんの仙骨をレントゲンで見てみると、横に五つに分離しているのが確認できます。それが成長につれて少しずつ融合していきます。
大人になると完全に形成されますが、うねるように動きます。

右図はその変位の一例です。実際には54パターンもの変位が見られます。

仙骨の変位の原因

仙骨が変位する原因は「外傷的原因」と「精神的原因」の二つに分けられます。これらの変位により、肉体的にも精神的にもマイナス減少が現れます。 この仙骨の変位を元に戻すことで、仙骨本来の機能を高め、精神的・肉体的な機能も高ます。

外傷的要因

幼年時の外傷
幼児はまだ仙骨が十分に固まっていないため腰などを強く打ってしまうと変位しやすいです。

日常の姿勢
長い間の習慣で癖になった悪い姿勢で変位することがあります。

不摂生からくる内臓不調
暴飲暴食や不規則な生活による内臓の不調です。

運動不足
適度な運動が人体にとっては必要です。また、突然身体を動かしたり、腰に無理な負担をかけるのはよくありません。

 

精神的要因

様々な心の問題や精神的ストレスは外傷的原因以上に仙骨の変位を引き起こします。 

 

仙骨の役割と影響について

『 仙骨 』 は下記のように重要な「役割」や大きな「影響」を与える重要な部位です。
整体や接骨、その他療法においても、理解や経験なくして、軽々しく扱うことは控えなければなりません。
さまざまな事例や症例について研究し、常に最新の理論と技術を導入し、仙骨の施術についての注意を心がけています。

『仙骨』の役割

『仙骨』の役割科学が発達し、人間と同じような二足歩行のロボットができても、人間ほど上手に歩いたり、まして走ったりはまだできていません。両者には決定的な違いがあります。
それは、人間は 「 生きている 」 ということ、そして生きているものはすべて固有のバイブレーション(振動)を発しているということです。
勢いよく回転している「コマ」は、一見、静止しているように見えるものですが、これと同じことが人間の身体にも当てはまるのです。

例えば、コンパスで円を描こうとする時、その先端の針とエンピツの個所を動かしてコンパスを広げますが、このとき上部の留金(支点)の部分がまず動かなければ開きません。

『仙骨』の役割それと同じように人間の足が動く時にも、実は足の付け根、つまり骨盤から動き出すのです。そして、さらにその前にまず骨盤の中心にある 「 仙骨 」 が行動を起こしているのです。
その際に、もし仙骨が正しいバイブレーションを発していないと、コマの回転が悪いのと同じで、人間はヨロヨロした歩き方しかできません。

コマの心棒が曲がってしまうとその回転が不安定になるように、人間の中真(中心)である 『 仙骨 』 が変位を起こすと、そのバイブレーション機能が低下し、病気やさまざまな症状など、不安定要素が発生するのです。

『仙骨』が人体に及ぼす影響

『仙骨』が人体に及ぼす影響

人間には、プラスチックやセラミックなどの人工物で代用できない骨が二つあります。
それが「蝶形骨(頭蓋骨を構成している骨のひとつ)」と「仙骨」です。そして、この二つの骨を繋いでいる形で脊椎が存在しています。
仙骨と蝶形骨の関係を簡単に説明すると、全身のホルモンのバランスをつかさどっている器官(脳下垂体)がぶら下がっている骨です。
つまり、蝶形骨は、ホルモンのバランスにも密接に関わってきます。

この「仙骨-脊椎-蝶形骨」の関係をわかりやすくたとえると、「皿回し」のような関係です。 曲芸師の手元(仙骨)が正しく動いているときはお皿(蝶形骨)も正常な状態ですが、その動きに歪みが生じるとホルモンのバランスも崩れてしまいます。

 

仙骨は身体のバランサーとも言える機能を有します。

巷でよく聞かれる骨盤調整の文字ですが、仙骨の機能回復を目的としているかどうかは怪しいとこるがあります。

 

しかし、この仙骨の調整が出来たのなら結果は即効性を発揮します。

肩こり、腰痛、頭痛にも有効な箇所だと思います。

2018-10-31
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について