頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア(手のシビレ)

9月も半ばに入り、季節も秋へと変わり始めました。

こんにちは「はぁーと接骨院」斉藤です。

今回は首の症状についてお話ししたいと思います。

頚椎症とは何か?

加齢によって椎間板などの頚椎構造に変性が生じ、頚椎を通る神経が圧迫されることでさまざまな症状が引き起こされる病気です。

)どちらも50歳以上の男性に多く、男性は女性の約2倍とされています。

さまざまな神経症状が引き起こされますが、軽度なものから日常生活が困難なほどのしびれや痛みが現れるものもあります。また、必ずしも症状の程度と画像上での頚椎の変性の程度が一致しないのも大きな特徴です。

頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアは よく似た病気です。

いずれも、頚部の脊椎のところで、手や腕に行く神経が圧迫されることにより、手のしびれや痛みの症状が出現する病気です。重症の場合には、歩行障害や、足のしびれなど、下肢まで症状が出る場合もあります。

二つの違いは、頚椎症では、首の骨や椎間板が年齢による変化で長い年月をかけて少しずつ変形し、神経を圧迫するのに対し、椎間板ヘルニアでは、椎間板の中心部の髄核と呼ばれる部分が、椎間板の亀裂を通って、突然外側に突出し、それが神経を圧迫することによって起こる点です。

 

文で説明されてもいまいちわかりにくいですよね。

 

首の痛みや手のシビレが原因で病院でレントゲンを撮ったことがありますか?

病院の先生が「この頸椎間の隙間が狭くなって神経が圧迫されてますね。」なんて説明を受けたことありませんか?

大体 起こりやすい場所は下位の頸椎に見られがちです。

治療法としては首の牽引や機械を使った物理療法、最近では投薬治療がメインみたいですが・・・。

 

私も以前は同じような施術をしていました。

頸椎ヘルニアで治療に来られていた患者さんも 治せなかったこともありました。

なぜ治らなかったのか?

色々な角度から見直しました。そんなすぐには答えは見つかりませんでした。

ですが、身体のメカニズムを胎児期から見直すと、椎体は元々は ほぼ軟骨組織です。椎体の中に3つの骨化の元となる骨化中心があり、8歳くらいまでの間に骨化が完成することがわかりました。

オステオパシーでは「生まれた時に軟骨であったところは、生涯 軟骨としての機能を持つ。」という定義があります。

今は骨化しているが、軟骨としての弾力があるはず!

その弾力にかけている場所はどこか・・・? 捜しました。

そしてついに見つけました‼ 

 

ふつう考えられそうな場所としたら、神経を圧迫している下位の頚椎にありそうなのですが・・・?

そんなところにはありませんでした。

早速その箇所に軟骨組織が持つ弾力を回復させるよう施術しました。

その結果、改善スピードがものすごく早くなり 施術回数が驚くほど減りました。

患者さんも早期に痛みやシビレから解放され、皆さん驚かれています。中には一回の施術で改善される方もおられます。

「これまで一年間病院に通い治療したんだけど、こんなに早く治るなんて・・・・。」こんな感じの感想を皆さんおっしゃいます。

 

今なら声を大にして言いたい! 「以前、私の施術を受けて改善しなっかった方。今なら期待に応えられる施術が出来ます‼」

 

症状の改善の近道は、今 起きている病変を診ることではなく その病変を作っている箇所を捜すこと。

そうすると 自然に症状は改善される。と改めて実感させられます。

 

長く症状に悩まれている方。手術を勧められているが、手術に疑問や不安を持たれている方など。

 

ご相談は「はぁーと接骨院」までお気軽にお電話ください。

2018-09-18
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について