足関節の捻挫

今日は足の捻挫について話したいと思います。

患者は6歳の私の娘です。

仕事中に奥さんから電話がありました。

「ユミちゃんが椅子からジャンプして着地したとき 足首捻ったみたく歩けないんだけど・・・。」

ちょうど空き時間があったので

「今からつれてこれる?」

足首の捻挫といえば、ちょうど外側のくるぶしの周りに主要な三本の靭帯があります。その中でも前距腓靭帯の損傷がみられます。

損傷の程度も靭帯の断裂の具合で治療期間、痛みの重症度も変わってきます。

靭帯の完全断裂は後遺症の原因となることがあります。学生のころに捻挫をして、大人になってから腰痛の原因になる症例を多く見ます。

 

しばらくするとケンケンをしながら娘がやってきました。

娘の足首を触診してみたところ、足首の熱感や腫れが見られません。ケガした足をつけて歩いてもらうと体重をかけることができない状態です。

靭帯の損傷は無さそうなのですが、では何処に原因があるのか・・・?

もう一度触診してみました。

発見‼ 距骨にありました。

足首は脛骨と腓骨の下で距骨がはまり込んっでいます。

ジャンプして着地の際、距骨の位置が少し斜めにズレてしまったのではないかと考えられ、

同時に関節が斜め状態で身体の荷重がかかり 距骨の骨内に圧縮を受けたと推測されます。

オステオパシーで感じられる骨内病変が感じられます。歩く際に足に荷重をかけると痛みが走るのは距骨のせいだと考えられます。

距骨は身体の荷重を支えるクッションの役割をします。そのクッション作用が機能されいない状態です。

 

治療時間は10分程度でした。

最後には距骨が『コツン』音がして 関節がはまった感覚がありました。

 

家に帰ってから奥さんから写メが送られてきました。

 

足の捻挫は靱帯だけでなく骨自体にも損傷を受けることがあります。

捻挫をして痛みがなくなったが、まだスッキリしないといわれる方。

骨内に何らかの原因があるのでは?

 

心当たりがある方は「はぁーと接骨院」までご相談ください。

2018-07-09
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について