骨、関節は過去のケガを記憶する。 固着した関節の可動域制限を治すには?

 「骨 関節」の画像検索結果 「骨 関節」の画像検索結果

皆さまは子供時代から大人になっての今までに、突き指や捻挫をしたことありますか?

現在、関節痛や関節の曲げ伸ばしに不自由していませんか? それが過去に起こしたケガとの関連性がまさかあるとは? 

またはそれが原因で後遺症に悩まされていると感じている方もおられる思います。

今日はそんな症例を紹介したいと思います。

その前に、関節には「あそび」と言われる可動性があることをご存知ですか?車のハンドルにもある「あそび」と思ってもらえるとわかりやすいと思います。

「あそび」があることでスムーズな動きが出来ます。

この「あそび」がなくなると可動性に制限を作ります。要はわずかな関節空の隙間を締め付け屈曲制限の原因となります。

関節だけでなく骨にも骨膜が骨全体を覆っており、骨折や打撲で骨膜を締め付け骨幹部にひずみを作り関節の可動域制限を生みます。

 

先日、腰痛で来院された60代の女性です。

30年前に右膝下の両下腿骨の骨折をされ その後遺症で下腿が外側に「くの字」に曲がり歩行に支障をきたしていました。当然、歩行障害からの腰痛の可能性は避けられない状態です。その当時のリハビリも、途中で断念し そのままだと言われました。聞けば「膝にも痛みがある。」と言う。

まずは「制限を起こしている膝関節はどこまで可動できるようになるか?」

 (施術内容は省略)

外側にはあそびはあるけど、内側に制限がありロックしています。

よくリハビリで行われるのはAKA療法やPNF療法です。関節を少しずつ制限箇所まで動かしていき、制限バリアを少なくしていく方法です。しかし、効果のほどは限界もありますし時間もかかります。症例によりますが 痛みを伴うこともあります。

オステオパシー療法では関節の深層部の組織の細胞に働きかけることが出来ます。

実際この患者さんの施術中に関節のロックが外れた瞬間、患者さん自身も判ったらしく「今すごい感じで動いたね。」と実感されていました。

痛みを和らげるには身体に起こっている制限を取ってあげることから始まります。それが関節であるのか その他で起きているのか?その制限を解除することで 自然と痛みは消えていきます。

この患者さんの腰痛も自然に緩和し改善へと向かうと思います。

 

もう一つ、40代男性 同じく腰痛で来院されました。

腰痛は置いておき、左示指を半年前に突き指。聞けば息子のドッジボールの練習でボールを取り損ない負傷。

現在は痛みはないけど曲がりづらく、グーを握ると握りづらいと言いました。

触診すると、示指の基節骨が沿ったように伸展しており、関節の圧縮がありました。ボールから受けた衝撃 そのものです。半年経ってもまだ負傷した骨の変形が残っているのです。この変形が残っているうちは可動域の制限は治りません。

5分ほど施術すると変形は矯正され、曲がるようになり 腫れが引いてきました。

この患者さん、職業が理容師さんでケガしたのが左手で不幸中の幸いでした。右手だったらハサミが使えなかったところでした。

 

このように、前者のようにケガの代償作用で起きた関節の変形や、直接衝撃を受けて起きた変形による可動域制限は その形状を記憶し、身体の痛みや障害を引き起こす原因なって現れます。

皆さまも心当たりのある方は「はぁーと接骨院」までご相談ください。

2018-02-28
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について