こんな座り姿勢を見かけませんか?

気温も下がり始め、天候も冬の足音が聞こえ始めました。「はぁーと接骨院」の斉藤です。

皆さん 風邪にかからないよう体調管理には十分に気を付けてください。

本日は骨盤と関連がある姿勢についてブログを書いてみたいと思います。

上の写真は五十肩で施術を受けに来られた方の問診時の座り姿勢です。最初に私が第一印象でこの姿勢に興味があったので、患者さんにお願いして撮らせていただきました。「こんな姿勢をしてください。」などは言わずに、ただ 患者さんの自然な座り姿を一枚だけ取りました。(やらせは一切してません) 患者さんに施術の前と後で自分の姿勢がどう変わるか患者さんに確認してもらうために撮ったものです。

チョット分かりずらいかもしれませんが 女性にありがちな背中は猫背で、膝から下は「ㇵ」の字を書いたように開いています。

「これの何処がいけないのか?」

別に何処がダメかと言うわけではなく、ここでは関連性のお話をしたいと思います。

患者さんは左肩が挙がりづらく、服を脱ぎ着するのも困難でした。肩の痛みを何とかしてほしくて来院し、姿勢のことなど何も言ってません。ですが、この姿勢と肩の痛みは大きく関連してくるのです。

猫背・・・脊椎の後弯が強調される→腰椎は前弯しなければいけないのにできない→骨盤が後傾する→腸骨が制限される→股関節で下肢の内旋が起きる→鼠径部の圧迫が起きる→下肢の冷え→膝から下は「ㇵ」の字になる。

脊椎の後弯が強調される・・・肩が前に出る→肩の可動域制限が出る→肩周囲の筋肉の緊張を作る→肩の痛みが出る。

あまり細かい説明ではありませんが、すべてがこのような状態になることはありませんが、例で挙げれば冷え症、婦人科疾患の原因をつくる可能性もあります。

今回は肩の症状で施術をしたのですが、私が言いたいのは全身のバランスを正常にしなければ症状は治らないということを言いたいのです。

この患者さんの施術内容ですが、左足の足首とその周囲の関節の調整、首の下の鎖骨と胸骨の調整、肋骨の調整、その他少々、骨盤は少しだけ調整しました。

初日の施術を終え、ベッド横の椅子に座ってもらい施術前と同じ条件でもう一枚写真を撮りました。

下の写真です。

患者さん本人が「へ~っ!違いますね。」と、ちょとビックリしてました。肩の症状も背筋が伸びてスッキリして、肩の力が抜けて痛みが和らいだのを実感してました。この後、肩の施術は数回続きましたが 可動域もよくなり、痛みとも改善されました。

施術後の写真を見ればいかに正しい姿勢が大切かということがわかります。皆様の姿勢はいかがですか?

正しい姿勢を保つことは体のバランスを保つことにつながります。当院では皆様の健康のサポートさせていただきます。

ご相談はお気軽にお電話でお問い合わせください。

 

2017-11-22
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について