歯の影響で起こる 身体のアンバランスと その関係性

今回、私が勉強する協会の国際セミナーに参加してきました。内容は “歯科とオステオパシー”です。簡単に言うと歯と身体のバランスについてのセミナーを受講してきました。講師はフランスのコリン・マルバル先生。オステオパシー界では稀な歯について研究、実践されている先生です。まだ、31歳の若さですがとても知識が豊富で勉強になる内容でした。

世間では咬合矯正や歯列矯正など歯科医院で行われますが、皆さんはなぜ歯科矯正をなされていますか?患者さんの中には歯科矯正をされている方も多く見受けられます。美容のため? 頭痛などの治療のため? 矯正だけではなく、虫歯治療なども身体のバランスに影響を及ぼします。私も普段の施術で口腔の大切さ、身体に及ぼす影響を念頭に置きながら対応していました。

今の歯科矯正は各歯科医師の経験と知識による治療で確信となるエビデンス(証明)は無いそうです。これは、歯科矯正がダメだと言うのではなく、「このような矯正をしたらこうなる」という確固たる事実が無いということです。ですから、経験と知識を積んだ歯科医師なら有効な治療になるのですが、一歩間違えれば悪化する可能性があると言う事です。私は歯科医師ではないですから歯の治療は出来ませんが、私が出来る歯に対するケアーで身体のバランスを整えるヒントを掴めた内容だったと思います。歯も身体の一部です。そして血流があり、神経も通じており頭蓋に近い部位です。身体の組織は欠如することで全体のバランスを崩します。歯が一本無くなることでどうなるか? 小さい動きですが、歯一本一本は動いています。その自然な動きを矯正で固定したらどうるか?

また歯並びによって起こりうる身体の影響。それに対する対応の仕方。とても良い勉強になりました。肩こり・腰痛が、歯または歯と顎の関係性から起こっている事実もあります。

今日、早速その事例と遭遇しました。患者さんは膝痛で 以前から通われている方でした。大体の身体の調整は整い あともう少しで完治の所でしたが中々膝の違和感が取れない状態でした。身体を再チェックし、細かく検査していくと歯に影響があるのではないかと気づき施術しました。”歯と膝が関係するの?”と不思議に思うかもしれません。結果は患者さんも違いが分かるくらいの効果がありました。もう一度来院してもらう予約をいただき、そこで異常がなければ卒業です。私も今度の再来が楽しみです。

歯が身体に及ぼす影響なんて考えられないかもしれませんが、実際に多くの方に問題があるケースを目にします。セミナーを受講する前はその対応が十分ではなっかたので悔いの残るケースもありました。これからは少しでも多くの方のお悩みの手助けができる確信に変わったセミナーでした。

2017-09-26
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について