カークスビル大学で学ばれる筋膜リリース

アメリカ発祥のオステオパシー、A.Tスティルが創設した大学で教授をなされていたダントD.O(アメリカのオステオパスは医師資格のドクターで、D.Oの称号で呼ばれます。)今回、ダントD.Oの筋膜リリースの講義を神戸で受けてきました。

筋膜リリースでもINR(統合神経筋骨格リリース)の概念を学びに行ってきました。名前を聞いても理解できないと思います。それも仕方ないことで、私自身 もわかりませんでした。なぜ受講したかというと、本場のオステオパシー大学で教えている授業が日本で学べることと、INR自体まだ日本に広まっておらず使われていないからです。

内容も解らないまま参加したセミナーですから不安もありましたが、初日の終わりにはこのINRの効果のすごさに期待が高まり、有意義なセミナーになりました。

今まで筋膜リリースのテクニックを学び、日々の治療に使ってきましたが このINRを取り入れることにより、さらに治療に幅が広がり 効果が発揮されます。実際に患者さんにも改善の声を多く頂けています。

これからも多くの方へこの効果を還元していきたいと思います。

2017-07-26
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について