金沢マラソン、お疲れさまでした‼ カラダ 痛めていませんか?

もう 恒例行事になった金沢マラソン。

1万4千人以上のランナーが金沢市内を走り 楽しまれたようですね。

無事に完走された方はおめでとうございます。全体の感想率は96%だそうですね。

途中棄権された方は 何かしらのトラブルかタイムオーバーか?

レース終了後の金沢駅では、足を引きずりながら帰宅する方が多くみられたらしいですね。

日曜日開催のレースで、翌日の月曜日からいつも通りの仕事を想像すると チョット辛いところがあります。

 

当院でもマラソン大会終了後の関節痛や筋肉痛、腰痛で来院される患者さんが増えました。

患者さんが増えることはうれしい事ですが、チョット複雑です。

42キロの距離を走れば 何かしらの身体の不調が出てもおかしくはありません。

 

そんな患者さんを治療をしといて、共通している原因があることを書きたいと思います。

多くの方は足の筋肉痛を訴えます。次に膝の痛み、足裏の痛み、腰の痛み。

過度の運動をすれば当たり前と思うかもしれません。

ですが、それを引き起こす根本原因があることを知っていると痛みの改善の役に立ちます。

 

先日、テレビ番組で 石原良純さんがマラソンで走っていると 中盤ぐらいで左腕が痛くなってくると言っていました。

すると 長嶋一茂さんが「それは脳が誤作動してるからだよ。」と言われました。

ある意味 間違いではないのですが、付け加えるとその原因として循環障害が起きていると私は考えます。

 

脳は血液が運ぶ 糖(ブドウ糖)を栄養源とします。

長時間のランニングで筋肉が糖質を消費して、脳に必要な糖質が行き届かなくなり 脳が誤作動を起こすと考えます。

マラソンのアスリートランナーは このような事も考慮して 栄養補給のドリンクや対策をしています。

ただ摂取すればいいのか? 摂取しても効率よくとらなければ吸収されません。

その結果、大会終了して時間が経過しても 筋肉痛は治ったけど 関節痛や腰痛が治らない原因となりなす。

 

こんな患者さんがおられました。

大会翌日、足の筋肉痛と膝痛、足の甲の痛みを訴えて来院しました。

初回の施術で筋肉痛以外は痛みがほぼなくなりました。

まだ身体の歪みがあるので翌週に再来してもらうことになりました。

筋肉痛は、筋肉の微細な損傷があるので時間が必要です。ですが、治療をすれば修復時間は短縮されるので 時間の問題だと思いました。

現に施術終了後には筋肉痛の痛みも半減していましたので。

 

二回目の来院時に身体の状況を聞いた時、「痛くはないけど膝に違和感があるんです。」と言われました。

原因は内臓にありました。

身体を流れる血液の循環に淀みがあることから 下肢への循環不全が原因と評価して施術しました。

施術は膝を触らずに上半身への手技をして終了しました。

膝の違和感はなくなり、身体の歪みもなくなりました。

 

痛みは筋・骨格だけの問題だけではありません。

身体を構成するすべての組織に原因が存在すると私は考えます。

 

このブログを読んで心当りがある方は「はぁーと接骨院」までご相談下さい。

2019-11-06
初めての方へ
施術の流れについて
施術料金について